経営者は様々なリスクに取り巻かれ、不安を抱えています。
例えば、経営者自身にもしものことがあった場合、
・資金繰りに行き詰まってしまわないか。
・家族や社員達の生活を保障できるか。
・取引先や銀行に迷惑をかけてしまわないか。

など




会社の永続的な発展のため、従業員やその家族を守るため、経営者は適切な「リスクマネジメント」に常に取り組んでいく必要があります。
「リスクマネジメント」とは、リスクを組織的に管理し、損失などの回避又は低減を図るプロセスのことを言います。




税理士法人SASGAでは、顧問先のリスクを管理するため財務数値に基づいた分析を行い、保険を活用して次のような対策を提案しています。

1.役員退職慰労金・弔慰金対策

2.運転資金対策
             
3.借入金対策

4.事業承継・相続対策

5.福利厚生対策



すでに加入している生命保険があるのですが、保険料を払いすぎているような気がしています。見直しなどはできるのでしょうか?