税務・会計

HOME > 税務・会計

税務・会計

税務会計とは

税務会計とは、企業が課税所得や法人税額などを計算するための会計のことを言います。中小企業の多くは、この税務会計に基づいて算定された税金を申告・納税します。
経営者の皆様にとっては、どのくらいの利益が出てどのくらいの税金を払う必要があるのかをできるだけ早く把握することが重要であることと思います。

弊社の取り組み

そこで、税理士法人SASGAでは、各担当者が原則として毎月訪問して常に顧問先様と最新の会計情報を共有することで、その都度最適なアドバイスを提供しています。そうすることで決算前に慌てることなく余裕を持って決算対策に臨むことが可能となります。
具体的には、黒字になりそうな場合は節税の方法、赤字になりそうな場合は黒字にするための方法などという具合に各顧問先様の現状に即した対策を提案いたします。

決算〜申告

このように事前にしっかりと対策をして、顧問先様に納得いただいたうえで決算業務を行います。そして、その後に、法人税申告書や消費税申告書といった各種申告書の作成を行います。税制が毎年のように改正されることもあり、申告書の体系は非常に複雑となっておりますが、最新の税制に対応した知識を有した担当者が正確に行います。
また、別の者による社内監査も行うことで、正確性をより高めております。
こうして完成した各申告書類を電子申告するとともに、納付書を顧問先様にお渡しします。

弊社の理念

なお、通常納付期限は決算日の2か月後となっておりますが、弊社では、期限の10日前までには、税務申告を完了するように努めております。少しでも早めに納税額を確定させることで、今後の経営計画や納税を含む資金繰りなどが余裕を持って行えるとともに、誤りがあった場合でも、期限内申告ならば差し替えが可能となるといったメリットがあります。

『どこよりも早く、どこよりも正確に』を信条に我々が責任を持って請け負います。


決算から税務申告までどれくらいの期間を要しますか?