建設業者が公共工事を直接請け負おうとするには、定期的に経営に関する客観的事項(経営状況及び経営規模)について審査をうけなければなりません。その審査の事を経営事項審査、略して『経審』といいます。




税理士法人SASGAでは経営事項審査の評点計算のシミュレーションをすることにより希望の点数をあげるために次の決算までに達成しなければならない売上高、営業利益、経常利益などを具体的にアドバイスさせていただきます。

また当期の決算につきましても可能な限り、限界まで点数が上がるよう最善をつくします。