相続税

HOME > 相続税

相続税

相続税

個人が被相続人(亡くなられた方)の財産を取得した場合に、その取得した財産の価額を基に相続税が課税されます。
平成27年1月1日から相続税の基礎控除額が引き下げられ、相続税の申告対象者は大幅に増加しました。このページをご覧いただいているということは相続税を身近な、あるいは差し迫った問題として考えておられるのではないでしょうか。

・申告書の提出が必要かどうか
・相続税はいくらぐらいになるのか
・遺産はどのように分けるのが最善か


ご自分でこのような疑問の答えを導き出すのは容易ではありません。
相続税の申告は内容が難しく、特に不動産の評価などは専門的な知識が必要となります。また、各種控除や特例の規定がありますので、少しでも税金を安くするため、そして申告後の税務調査のリスクなども考えて信頼できる税理士に依頼されることをお勧めします。

贈与税

個人から財産をもらった時には贈与税が課税されます。
相続税の補完税としての性格があるため、相続税よりも税率が高く設定されていますが、各種非課税制度が設けられており、また相続時精算課税制度を利用することで2500万円までは無税で贈与できるなど、将来の相続に備えて対策を立てることが可能です。


贈与を活用しながら節税したいとお考えの方は是非、税理士法人SASGAにご相談ください。詳細につきましては資産税対策をご覧ください。


「相続税・生前対策」を、分かりやすく動画で紹介しております。



・どのような場合に相続税の申告が必要なのでしょうか?


・相続税の申告をしなかったらどうなりますか?