借入手続のサポート

HOME > 借入手続のサポート

金融機関対策(借入相談)



・融資申込 → 財務状況説明 → 面談同席 → 金利交渉 → 融資実行までサポートいたします!
・会社の財務状況から、金融機関を複数行リストアップし、借入形態や返済期間等、あらゆる方法を検討します!


金融機関への初期対応が、融資結果に大きな影響を与えます

弊社は、融資のポイントは、「経営者の信用力」だと考えます。
そこで、その「信用力」を高めるためには、下記の点に注意を払い、事前準備を入念に行う必要があります。

(1)事業計画書の作成
事業計画書は、決算書や試算表が過去の実績値であるのとは異なり、 経営者の将来の希望的観測値です。
金融機関があえて事業計画書を提出させるのは、経営者の経営能力を測るためです。


(2)決算書
創業2期目以降の事業者については、決算書の提出が必須です。
審査においては、単年度の営業成績を示す損益計算書と同時に財産の状況を示す貸借対照表が重視されます。
また場合によっては、キャッシュフロー計算書が必要不可欠になってきます。
銀行対策を未経験の方や不慣れな方が取り組むのは、想像以上に大変です。
コストをかけてでも、税務や融資のノウハウを熟知した専門家にお任せすることをお勧めします。


現在、随時(2〜3ヶ月に1日程度)弊社の事務所の応接室を使って、日本政策金融公庫が「出張一日公庫」を開催し、借入申し込みを受け付けています。
場合によっては、開催日当日に融資額が即決されることもあります。



・設備投資のため、金融機関より融資を受けたいのですが、借入に対するアドバイスをしてもらえますか?