顧客事例 経営計画編インタビュー

HOME > 顧客事例 経営計画編インタビュー

顧客事例 経営計画編インタビュー

有限会社 上田玄米茶屋

今回ご紹介するのは、奈良県大和高田市の有限会社上田玄米茶屋様です。
「新しいお茶文化の創造を通して健康で豊かな性格の実現に貢献します」という企業理念のもと、積極的に事業展開しておられます。
有限会社 上田玄米茶屋 代表取締役 上田 喜寛様です。

税理士法人SASGAとの出会い

もともとは大阪の税理士事務所さんに業務や申告を頼んでいたが、突然お亡くなりになったんです。決算が終わって申告するときだったので非常に困りました。
一人の税理士さんでされていると、何か不具合があった時に非常に問題が出るなと感じ、複数の税理士さんでされている税理士事務所が重要じゃないかなと思いました。

それと、業務が拡大する事によって色々手伝って欲しい事も出てきまして、例えば総務・経理など社内に足を運んで手伝ってくれる税理士事務所を探していたところ、SASGAさんを友人に紹介してもらったのが経緯です。

「経営計画」を導入したきっかけ

工場を3年前に新築し、資金繰りなどきちんと計画を練っていくことが非常に重要じゃないかと感じました。

計画の中で、売上予測や経費予測を3年〜5年たてていたが、将軍の日で細かく売上の分類や経費の分類を作っていくと、今までの予測にあいまいな点が多かったと感じました。
もっと細かく、勘定科目が20〜30ぐらいあるがそれを一つ一つ丁寧に検証し、予算だてをしていく。売上に関しても丁寧に分類し売上計画を立てることで、非常にわかりやすい計画を作ることが出来ました。
すなわち、計画をしっかり作ることで、あらゆる局面において早め早めの手が打っていけるので、SASGAさんと「将軍の日」に参加させていただき、非常に感謝しています。